Citrix Subscription Advantage™について

 

SA更新(End of Renewal)のお知らせ

 

SA更新終了日 (EOR) :2017年7月1日

<今後の更新>

SAとテクニカルサポートが一つになったSoftware Maintenanceとして更新いただけます。Software Maintenanceは2017年1月1日よりCustomer Success Services「Select」に名称を変更いたします。

「Select」の詳細についてはCustomer Success Services WEBページ<https://www.citrix.co.jp/support/citrix-customer-success-services.html>をご参照ください。

※尚、XenAppおよびXenDesktopのSA付きライセンスについては、以下の通り販売を終了いたします(EOS)。詳細については販売代理店までご連絡ください。

  • 新規のお客様に対するSAの販売終了:2017年1月1日
  • 既存のお客様に対するSAの販売終了:2017年7月1日

 

1.概要

SAとはバージョンアップの権利

Subscription Advantage(略して「SA」)とは、ライセンス発行日から1年の期間中に後継のバージョン ※1 がリリースされた場合に、ライセンスを無料で入手できる権利のことを言います。
バージョンアップ先の製品がEOLになった場合は、たとえ該当製品にバージョンアップ可能なSA権を有していてもバージョンアップできませんのでご注意ください。

※1
バージョンアップ時期は未定です。

1年目以降は更新によって権利を延長

1年経過以降は、毎年更新費用をお支払いただくことで、権利が延長されます。
ライセンス登録後1年が経過しますと、この権利(SA権)が失効します。SA失効前に更新料金をお支払いいただくことにより、SAの権利を更に1年間延長させることができ、それ以降は毎年更新することが可能です。

ヒント : SAを更新せず失効してしまったら?

SAを更新せず失効してしまった場合、新しいバージョンのライセンスを入手する権利は失われてしまいます。そのようなお客様が、新バージョンのライセンスを必要とした場合には、製品を購入しなおす必要があるのでしょうか?答えはNOです。
シトリックスでは、たとえSAが失効してしまい、更新期間が経過した場合でも、SAの権利を復活させるSA救済プログラムを用意しております。

※購入したライセンス単位での更新となります、ライセンスを分割しての更新はできません。

含まれないもの

SAには技術サポートは含まれておりません。

2.メリット

  • 毎年小額の更新料をお支払いいただくだけで、ライセンス再購入のような大きなシステム投資を抑制することが可能です。新製品を購入するよりも非常にお安くバージョンアップでき、運用費用を大幅に削減できるのが最大のメリットです。更新価格表をご覧下さい。
  • 最新バージョンのソフトウェアやライセンスを素早く入手できます!
  • 通常SAの特典として製品のEditionを変更することはできません※。SAが有効な場合は失効時よりもお安くEditionアップグレードライセンスを購入できます。Editionアップグレードライセンス購入時、SAが有効であることが必須条件の製品もありますのでご注意ください。

※XenApp(Presentation Server)4.5 以降のバージョンではStandard Editionのご提供がございませんので、SA特典として旧バージョンのStandard EditionからAdvanced Editionへアップグレードいただけます。
Advanced Editionアップグレードした場合には、次回更新時よりSA価格が変わりますのでご注意下さい。

バージョンアップ・アップグレードについて

3.SA特典によるライセンス入手条件

ご利用ライセンスのSA期日により、上位バージョンのライセンスを無償で入手することが可能です。
各製品を入手するために必要なSA期日はこちらをご参照下さい。

ライセンスの入手方法

My Accountから取得してください。

ライセンスの入手方法はこちら

※「SAもしくはメンテナンスの特典を利用してバージョンアップする」をご参照下さい

4.有効期限について

初年度はライセンス発行日の翌年同日までとなります(ライセンス発行から366日後)。次年度以降は1年ごとに延長されます。

5.更新のご案内方法について

有効期限の約70日、45日、7日前にユーザー様メールにて更新のご案内をお送りしております。その後、弊社より紐づけされている代理店様もしくはお客様へ電話・メールにてご確認を行っております。

お見積、価格はこちらをご覧下さい

6.製品ライフサイクルについて

Citrix製品のライフサイクルについてはこちらのページをご参照ください。
全てのCitrix製品についてはEOR(End of Renewal SA更新終了もしくはソフトウェアメンテナンス更新終了)となる場合がございます。

■ EOR(End of Renewal)

MetaFrameXP / MetaFrame1.8 2011/12/31
Citrix Essentials for Microsoft Hyper-V 2011/7/31
Citrix Provisioning Server for Desktops 2010/10/28
XenDesktop 3.0 2010/10/28
XenServer 6.1以前のバージョン 2013/12/25
NetScaler Gateway VPX 2014/3/31
XenDesktop App Edition 2014/12/31
AppDNA 2015/10/31
Access Suite 2015/5/1
XenApp Standard Edition 2015/5/11
XenApp Fundamentals 2016/2/24
VDI-in-a-Box 2016/9/30

EOR製品をご利用のお客様は、該当製品にバージョンアップの上、以下の通りSA更新が可能です。

MetaFrameXP / MetaFrame1.8をお持ちのお客様

  • SAが2004年5月13日以降有効な場合は一旦Presentation Server 3.0以上に無償バージョンアップを行なった後、SA更新もしくはSA救済プログラムをご利用ください。

Citrix Provisioning Server for Desktops / XenDesktop 3.0 をお持ちのお客様

-SA失効前のお客様

  • SA有効期限中はSAの権利を継続して行使可能です。
  • SA失効前にバージョンアップをすることで、バージョンアップ後の製品にてSA更新いただくことが可能です。(更新価格はバージョンアップ後のSA価格となります)

-SA失効後のお客様

  • バージョンアップ後に該当製品のリカバリ(リインステイトメント)でSA復活が可能です。(ただし、SA有効期限が2009/10/6以前の場合はバージョンアップ権利がありません。)

Xen Desktopへのバージョンアップお申し込み方法

XenServer6.1以前のバージョンをお持ちのお客様

XenServer6.2からSA単体での更新はなくなりソフトウェアメンテナンスとしての更新となります。EOR後の更新につきましては以下をご参照ください。尚、XenServer6.2にバージョンアップ後のソフトウェアメンテナンスの有効期限はバージョンアップ前のSA期限を引き継ぎます。詳細についてはこちらをご参照ください。

SAの状態 更新方法
有効 XenServer6.2へバージョンアップ後、ソフトウェアメンテナンスとして引き続きカレント更新いただけます。
2013年6月18日以降に失効 XenServer6.2へバージョンアップ後、ソフトウェアメンテナンスとして救済プログラム(リインステイトメント、リカバリ)にて更新いただけます。
2013年6月18日より前に失効 EOR以降はSA、ソフトウェアメンテナンス共に更新はできません。EOR以前に救済プログラムにてSA更新をしてください。

※ソフトウェアメンテナンスについての詳細はこちらをご参照ください。

NetScaler Gateway VPX (旧称:Access Gateway VPX)をお持ちのお客様

2014/3/31以降はSA救済プログラムを含む一切のSA更新ができなくなります。EOR以降はNetScaler Gateway Enterprise VPXへ無償バージョンアップを行った後、SA更新もしくはSA救済プログラムをご利用ください。尚、NetScaler Gateway Enterprise VPXへバージョンアップ後のSA有効期限はバージョンアップ前のSA有効期限をそのまま引き継ぎます。

XenDesktop App Editionをお持ちのお客様

2014/12/31を超えてSA有効期限日を設定することはできません。2014/4/28の時点で有効なSAライセンスをお持ちのお客様は無償でXenDesktop Enterprise EditionへのアップグレードもしくはXenApp Enterpriseへの移行を選択することができます(SA更新価格も変更になりますのでご了承ください)。各ケースのライセンスコンバート(交換)の比率は以下です。尚、ライセンスアップグレード/移行後のSA有効期限はアップグレード/移行前のSA有効期限をそのまま引き継ぎます。※移行期間は2014/4/28から2014/12/31までになりますのでご注意ください。移行をご希望の場合は販売代理店経由でお申込みください。

From To ライセンス交換率
XenDesktop-App ユーザー/デバイス XenDesktop-Enterprise ユーザー/デバイス 1:1
XenDesktop-App 同時接続 XenDesktop-Enterprise 同時接続 1:1
XenDesktop-App 同時接続 XenApp-Enterprise 同時接続 1:1

AppDNAをお持ちのお客様

2015/10/31を超えてソフトウェアメンテナンス有効期限を設定することはできません。今後AppDNAをご利用のお客様はPlatinum Edition (XenAppもしくはXenDesktop)をご購入ください。

Access Suiteをお持ちのお客様

有効なSAをお持ちのお客様はMy AccountからXenApp Platinum Editionへ移行いただくことが可能です。

XenApp Standard Editionをお持ちのお客様

2007年2月22日の時点で有効なSAライセンスをお持ちのお客様は、XenApp  Advanced Editionへ無償エディションアップグレードを行った後、SA更新(救済プログラム含む)もしくはテクニカルサポートが付いたソフトウェアメンテナンスへのアップグレード更新を行うことが可能です(SA更新価格も変更になりますのでご了承ください)。SAが2007年2月22日より前に失効しているお客様につきましては、XenApp Advanced Editionを購入し直しとなります。

XenApp Fundamentalsをお持ちのお客様

有効なSAをお持ちのお客様は、XenApp Enterprise Editionへ有償エディションアップグレード後、XenApp EnterpriseとしてSAおよびソフトウェアメンテナンス更新いただけます。お客様がお持ちのライセンスSAが無効な場合は、XenApp ライセンスを購入し直しとなります。同等機能をもつEditionはXenApp Enterpriseとなります。

VDI-in-a-Boxをお持ちのお客様

2016/4/15をもってEOSになります。すべての既存のお客様はXenDesktop VDI Editionへ無償移行が可能です。移行期間は、2016/4/15 – 9/30の間のみで、プロモーションコードを発注時に添付いただく必要があります。
また、初年度ソフトウェアメンテナンスのご契約が必須です。

SA救済プログラムに関するお問合わせ先

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
リニューアルセールス部
TEL:03-4577-5990(平日9:45-17:30)
FAX:03-4577-5915
E-MAIL jpnsubcadv@citrix.co.jp

※製品購入についてはシトリックス認定パートナーへお問い合わせください。またシトリックスの保守をお持ちで技術的な質問がある場合は、シトリックステクニカルサポートまでお問い合わせください。

 

 

ページトップへ